スウィートsweet 2017年2月号付録 ジルのトート&ポーチ 【購入口コミレビュー】

2017年1月12日発売のsweet2月号の付録は

JILL by JILLSTUART特製レザー調トート&ほわほわポーチ

2月号の表紙は小嶋陽菜さん。

Sweet(スウィート) 2017年 2 月号

Sweet(スウィート) 2017年 2 月号

  • 作者:
  • 出版社:宝島社
  • 発売日: 2017-01-12

では早速、sweet(スウィート)2017年2月号の付録をレビューします♪

スポンサードリンク

スウィート2017年2月号

【トート&ポーチ概要】
●トートバッグ
サイズ:縦22×横34×マチ9㎝
●ポーチ
サイズ:縦13×横18㎝
ストラップ全長25㎝

sweet2月号の付録は、JILL by JILLSTUART(ジル バイ ジルスチュアート)のバッグとポーチの2点セット!

開封した瞬間、キレイなダスティーブルーが目に入ってきました。
こんな感じで梱包されていました。

たたんであった跡が残っていたので、手で伸ばすようにじっくりと形を整えるとこんな感じになりました。

素材は、レザー調生地になっていて、しっかりとしています。

特に、持ち手部分は生地が2枚重ねになっているので、強度があります。
ただ、その分しわが直りにくいところがあります。(画像でもまだしわしわですねw)

バッグの内側は、肌さわりの良いフェルトのような生地になっています。

内側は生地が切りっぱなしで、ちょっと縫製も雑な部分が(*>ω<*)

外から見る限りにはわからないので、中が見えないようにしなくてはw

あと、バッグをよく見てみるとちょっと左右でサイズが微妙に違う…。
裁断でずれたのか、縫う工程でずれたのか…。

スポンサードリンク

そのため、左側だけ中のフェルト生地が見えてしまいます。

ま、付録バッグなのでその点はしょうがないかなって思います。
荷物を入れたら、それもわからなくなるでしょう(´∀`)

500mlのペットボトルと比較すると、このような感じ。

ちょうどペットボトルが収まるくらいの大きさです。
マチ部分が、私の計測では11㎝ほどあるので、結構荷物も入ります。

JILL by JILLSTUARTの、ロゴプレートはゴールドでピカピカ光っています♪

そして、続いてはポーチ。
触ってみると、ほわほわ~としていて、とってもやわらかいです(*´ω`*)

毛足長めのフェイクファーで、ごわごわした感じがありません。
色味は、こちらはブルーというよりは、ライトグレーに近い感じです。

毛が抜け落ちることもないので安心して使えそうです。

持ち手部分や、ファスナーの引手はバッグプレートと同じゴールド。
こちらも、ピカピカしています。

ちゃんとロゴも入っています。
ファスナーの開閉もスムーズにできます。

チェーンは取り外しが可能なので、バッグにつけて使用することもできます。

ポーチ自体に芯が入っていないので、中にスマホなどを入れるとくたっとなってしまいます。
なので、ポーチをバッグとして使用するのはちょっと厳しいかな~という感じ。

バッグのハンドル部分にひっかけて使う際も、重たいものを入れるとバッグ共々倒れてしまうので、ご注意を(´-ω-`;)

なので、私はポーチはハンドル部分を外してポーチ単体で使おうかな~って思ってます♪

CHECK!>>ファーポーチを長持ちさせるお手入れ方法はこちらの記事へ

さいごに…

バッグは、持ち手が長いのでショルダーバッグとして使えるのが嬉しい点です。
色もキレイだし、春先のお出かけに持っていきたいバッグです。

欲を言えば、バッグの上部にマグネットボタンかファスナーがついていると良かったかな~と。

どうしても、外側と内側の差がありすぎて…。
外側から見ると、とても素敵なバッグなのでねw

ポーチは、とにかく肌ざわりの良さがお気に入りです。
フェイクファーはお手入れが大変なので、汚さないように使いたいと思います。

付録としては、良い出来だと思います。

次回、sweet(スウィート)3月号の付録速報はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする