リンネル2017年4月号付録 リサ・ラーソン 猫のマイキーリュック【購入レビュー】

2017年2月20日発売の「リンネル」4月号の付録は

リサ・ラーソン
猫のマイキー デイリーリュック

4月号の表紙は柴咲コウさん。

 

では早速、リンネル2017年4月号の付録をレビューします♪

スポンサードリンク

リンネル2017年4月号

【マイキーのデイリーリュック概要】
カラー:キャメル
サイズ:縦31.5×横30×マチ10㎝
耐荷量:4㎏
素材:ポリエステル、PVC

リンネル2017年4月号の雑誌付録は、リサラーソンの猫のマイキーのビッグタグがアクセントになったリュックサック。
では、早速開封です。

箱を開けた瞬間から、ポリエステル独特のプールバッグのようなにおいがしました。
しばらくの間は取れなさそうな…結構強いにおいです。

生地の素材は、ハリのあるポリエステル生地で光沢感があります。

予告で見ていた時は、縦長リュックのイメージだったのですが、実際に開いてみると横にも長さがあって正方形のような形です。

背面はこんな感じ。

横から見た感じ。

底面。

キャメルカラーに、ファスナーの深みのある赤がポイントになっています。
開口部と外ポケットの両ファスナー共に赤のファスナーが使用されています。

スポンサードリンク


前面ポケットのところには、マイキーの型押しタグが。
タグは風合いも良くて、とってもオシャレな感じ。

バッグ上部には持ち手がついています。
腕にかけられるほどの長さはありませんが、手に持ちやすくて便利です。

外ポケットは、ハンドタオルを入れても余裕の大きさ。

マチがついているので、今回ハンドタオルを3つ折りにして入れてみたのですが、幅にも余裕がありました。
単行本などを入れることもできます。

バッグの中はこのような感じ。

裏地がないので、ポケットの縫い目なども全て見えていますw
このあたりは付録感満載ですね。

中は雑誌が縦に入ります。

他に、ポーチや長財布などを入れても余裕があります。

肩ひもは幅が約5㎝。
クッション性があり、かなりしっかりとしているので、リュックが重たくなっても肩への負担が少なさそう。

耐荷量は4キロまでOKです。

で、実際に荷物を入れて背負ってみたのですが…。
なんだろう…しっくりこない。

まず、ショルダー紐がしっかりしすぎていて肩にそわない。
このあたりは、使用していけばいい具合に馴染んでくるのかな?と思いました。

そして、肩ひもの長さが短い。
最大限まで伸ばしてみても、身長162㎝の私の場合リュックが腰上に位置します。

私が普段使っているリュックは、みんな腰やお尻あたりまで長さがあるから、今回の付録リュックでは違和感があったんだな~という感じです。

身長高めの方や、私のように少し下げ気味でリュックを背負いたい方にはちょっと不向きかもしれません。

ですが荷物は結構入りますし、私が持っているリュックは縦長タイプばかりなのですが、こちらのリュックは横にも幅があって形がかわいいです。

リンネル4月号の雑誌付録をCMでチェック!

さいごに…

ちょっと落ち着いたキャメルカラーなので、年代によって好みが分かれそうですが、これからの季節には合わせやすいお色かと思います。

付録感は出ちゃってますが、私は自転車通勤をしているので、通勤用のバッグとして使ってみようと思います。

リンネル2017年5月号付録 サリースコットマルチケース&レターセット【最新予告】

2017.02.21
スポンサードリンク